こんなんばっかりよ。

hikaku.png

3分程で適当に作ったワインボトル風の何かです。

メッシュが主流になり、今やメッシュ黄金期と言わんばかりに、どこもかしこもメッシュです。
プリム造形しか出来ないから・・・と言う人と同じくして私も昔は「俺、スカルプ作れんから・・・」とコンプレックスを抱いていた時代がありました。
そしてスランプとなり、出来もしないスカルプばかりこねくっておりました。
そうこうしているうちに、メッシュの時代です。
メッシュ時代初期になると「俺、スカルプトプリムとただのプリムでしか作れんから・・」と、メッシュにコンプレックスを抱いたものです。
そんな私でも出来たのだから、プリム造形が出来る人がメッシュ出来ないって事はありません。
でも、プリムで作れる方がすごいんだよ?いや、ほんとに。
少ないパーツで構成するという立体パズルですから、あれは。

さて、上の画像ですが、左が綺麗だ、とか、右が丸いとかはどうでもよくて(そんなもんはどうにでもなるからです)、左が少ない頂点数で作られているのに対して、右は頂点数がアホ程多いですよね。
でね、私が「おすすめの家具屋教えてけれー」とフレさんに尋ねると、国内外問わず、綺麗だと言われる店を教えてくれるのですが、そのほとんどが、重い、やたら重い。
最低画質にしても歩けない、あるいはフレーム落ちして、歩いていないのに壁に向かって行進していたり・・・。

「なんでだろう?」と思うまでもなく、その”綺麗な店”ってぇのが、上のワインボトル(右)のように、無茶苦茶頂点数が多いんですね。
テーブルから椅子から何から何まで、アホ程多いんです。
ワインボトルだとしても、ワインセラーなどで上のようなものが10本とか平気で置いてあるんですね。

確かに、曲面は頂点数が多ければ多いほど綺麗に描けます。
点で円形を描けとなれば、4点では四角、5点では五角形、8点では八角と、点の数が多ければ多いほど円形に近づくでしょう。
そういう事です。
実際、100点だったら、超精密な円になりますわな。
けれども、1点ずつ点をPCが読み込んで、そして表示します。
それはつまり、一つのワインボトルに対して、左のであれば、122点で済むモノを、右の輩は2322点も読み込ませているのです。
そりゃ綺麗でしょう。
でもテロ行為です。

どちらを重視するかというのがバランスで、出来れば、真ん中が望ましい。
(雑)軽い─どちらでもない─重い(繊細)
私の場合は、軽量化にかなりの時間を割いています。
でも別に左のワインボトルだって、全然悪くないと思うんだよなぁ・・・。
とは言え、ちゃんと作るのであれば、更に頂点数を減らします。
20の点でできてる円を、13~15くらいの点に抑えても大差ありません。

ほとんどの人は、そんなとこまで見てくれませんし。

頂点数のやたら多いのが主流となっていますが、その多くはヨソからデータを持って来たオブジェクトを流用してる事に起因する場合が多い為だったり、綺麗さだけに囚われて周囲への影響を無視しているクリエーターが増えている事が原因だと思います。

でも、どうやってポリゴン数の多い少ないってのを見極めるの?
って話になると、これは簡単です。
DEMO商品などで展示してるモノを右クリックして、編集ボタンを押して、カメラをそのオブジェクトの内側から見てみてくだされ。

例えば、私が作った橋ですが。
Snapshot_002.png

これを右クリ編集で内側から覗き込んでみると、こうなっています。

Snapshot_003.png

黄色いのは親オブジェクト、水色のは子オブジェクトです。
3パーツの構成なので、こういう感じになっています。
これが、│\│←こんなヤツだらけだと、それはハイポリです。
さきほどのワインボトル(右)のような感じだと、かな~り重いです。
とは言え、球体だったり、円柱だったりと、湾曲したものはある程度仕方ありません。

でも、それには、作者の強いこだわりがある場合もあります。
ここだけは譲れん!と言う曲線美だったり、あるいは、衣服などであれば、皺の出方、などでしょう。
極端にパーツの構成の多いオブジェクトなどもあるでしょうし、何が悪で何が善だって話ではありません。
そういうこだわりを表現できるのもSLの良いところですから。

なればこそ、直線くらいは減らしましょうよ。
と、思いますけどね。
だって、そういうこだわりを表現できる人なら、減らす事など容易ですし。

会話も出来ない程に重いのでは本末転倒ですから、軽い方が良いです。

などというとお前のPCの性能が~などと言う方もおります。
そりゃあ、皆が皆、数十万円もするPCを買えれば良いですが、ギリギリの予算でやりくりしてる人も居ます。
むしろ、後者のが多いはず。
SLをしたいが為にPCを買ったのに、重くて出来なかったって話は2007年にはとても多くありました。
そして私もその中の一人です。

SL初心者が多く居た時代に私が見た光景です。

初心者「なんかSLって重いですよね」
中級者「まぁここはプリム数も多いし人も多いからね」
上級者「設定で画質を下げたりすると多少軽くなるかもしれないよ、やってみ」
廃人「いや、超高以外ゴミだろ、30万くらいのPC買え、それで解決だ、それかやめちまえ」

初&中「やめるわ、アホくさ」
上級者「あーあ・・」
廃人「ふん、根性なし共が」

でも、クリエーター達がほんの少しでも軽く作っていけばそんな事にはならないのでは?
そして、それを可能にするのがメッシュなのです。
で、それってのがSLと言う世界で出来るエコロジーな取り組みなのでしょうね。

っつっても、難しいよなぁ・・・。
これを公開するのも、ためらう内容だし・・・。
自分も、去年の作品など今見ると「うわぁ」って思うようなものばかりだし・・・。
何を偉そうに書いてんだと、自分に突っ込みつつ書きましたが、なんだかなぁ。

気分を害した方が居られましたら、ごめんなさい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中