ど派手なアイツ

2015年7月28日 付の記事を見ると、昨年の28日には派手めなアイツが完成し、PVも撮り終わっていました。
デコトラ屋たるもの、あそこで満足していてはいけなかったのです。
漂う昭和の香り、レトロ臭、それがヤツには満載されていました。
しかし、売れない、なぜだろう?
考える事約一年、ようやく気が付きました。

「変な鯛が乗っかってるからじゃね?」と。
でもあれは私なりのアイデンテテーだったので私としては超アリなのですが、わからん人には無用のLi。
「派手さも足りんかったか」と。
足りぬなら、ド派手にしよう、デコレーション。

Arttruck11

しかし、こうやってみてみると、レトロの方が愛くるしい。
トラック野郎がパーツショップでチマチマとパーツを買って、あぶらまみれになりながらじわりじわりとパーツを取り付けていく、そして悪ノリで鯛をくっつけてみたら、意外と良かった・・・って物語が見えた人は、変態です。
うちにおいで。

さて、レトロなデコトラって言うのは、要するに映画トラック野郎の時代のデコトラの飾り方で、LEDの多くなった昨今ではさらに希少なジャンルなのです。
なので、妙なこだわりとして、電飾の色を電球とLEDで分けています。

2016_deco_rend01

派手めなアイツが昭和の人なら、今制作しているど派手なアイツは平成の人です。
大きく張り出したパーツが今回の特徴となっています。
板金屋がステンレスを巧みに操り、仕上げていくって言う感じ。

パっと見、こちらのほうが頂点数が多いように見えますが、私のレベルも1ぐらいは上がってますので、実は派手めなアイツよりも頂点数は少ないです。
現状では、だけれども。

しかしですよ。
今回もパーツを1つずつ設計して作ってるのでえらい時間がかかっちゃって・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中