(RL)ガラクタA

私、愛煙家なのです。
でも、他人の煙は当然として自分の煙も嫌いな程の嫌煙家なのです。
空気清浄機などを自分の周囲六方向に置きたいくらいです。

あと、スチームパンクと言うか、蒸気機関と言うか、ブラスパイプが好きなのです。
それとは別に工業地帯の夜景などにもひれ伏します。
あとなんか、スピーカーとかアンプとかオルゴールとかも好きです。
そこで閃いてモデリングしてみたのがこれです。

garakuta_A.png

 

まだ設計以前の段階なんですが、リアルでこんなのを作ってみようかと。

名づけて、電氣式卓上吸煙罠施設。
卓上の空気清浄機とか買えよって話になるかもしれないけど、あんなの気休めにもならん。
気休めにもならんものに一万も出すのなら、同じ気休め程度でも作った方が楽しい。
と、営業先からの帰りに運転しながら考えたのです。

私、工作に関してはものすごい適当な人間なので、おそらくスキマがそこそこ出来ると思うんです。
で、スキマから噴き出る煙が、蒸気っぽく見えるんじゃね?みたいな。

仕様
・プラスチックにマホガニー塗装(内側を洗う事が出来る→電気部分の取り外しの方法を考える)
・見た目的には正面にプロペラがほしい(上記含め効率を考えるとシロッコファンで排気させた方が良さそう)
・減煙用に脱臭フィルターをつけたい(活性炭のヤツってどうなんだろう)

本当は、水をフィルターにしてヤニを大幅にカットしたいのだけれど、水の交換がめんどくさい。
あと常に回すとなると、ゴポゴポうるさい上に蒸発するので卓上には向かない気がする。
とは言え、どのくらいのサイズになるのかってのはまだわからん。
電気代の計算はできないけど、つけるかつけないかで言えばつけない方が確実にエコ。

プロペラが回るだけの第一プラントから第二プラントに空気が流れるわけですが、第二プラントはスピーカーで言う所のバックロードホーン(一方通行の迷路のような物)のように空気の道ができていて、壁にヤニが付着する。
第二プラントから第三プラントへ抜けると、脱臭炭フィルターを通り、脱臭する予定。
で、その脱臭炭のフィルターをどうやって交換するかって言うのが課題。
できればワンタッチでスパスパと交換できると良いのだけど。

それかいっそ洗わない前提で、加工が簡単な合板でも良いな。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中