マルシンとはなんなのか

SS010.png

マルシンとはなんなのか、という話。

端的に言えば、そうるさんと私の合同出資共同制作の和物を主体としたお店です。
ですので、マルシンとCSMは別物です。
とはいえ、CSMのアニメはそうるさんに一存しているので、そこが複雑に見えるポイントですが、CSMは私が作りたいものを私の為に作ると言う、エゴでひたすら突っ走る店です。
マルシンはそうるさんをリーダーとして、私が横からウダウダ言う組織です。
母体は現時点ではCSMですけれど、いつかひっくり返ると思ってます。

元々は私がそうるさんにモノツクリを教えていましたが、もはや教える事はないと言うところまで追いつかれてしまって、さらに作りたい物がほとんど似通っていたと言う点からマルシンは始まります。

ですが、同じ作業分野を得意とするクリエーターが二人居れば、自分が自分がとケンカにもなります。
一人では気づかない部分でも二人ならば気が付くことも多いと言うメリットを重視しても、高頻度でモメます。
だけれど、良いものを作るためにモメるのであるから、私はもうこれは一つの会議なのだと思うようになりました。
モメる事自体は悪い事ではない、心臓にはあまりよろしくないけれども。

私は主にUV展開とテクスチャー描きをします。
ただそれは、私がオブジェクトを作れないわけではないし、そうるさんがテクスチャーを描けないわけではありません。
効率を重視してるわけでもなく、目標達成のみを重視しています。
オブジェクトの直しを重ね、こうした方がいい、こうじゃないとダメだ、とほんの少しの角度だったり、頂点数だったりと言ったものすごく細かい部分を直しながらやっていますから、効率はものすごくよくないです。
直すとか直されると言う事でどうしてもイライラしますからモメたりしますけど、良い物を作りたいと言う理由で手を加えるのであって、自分が自分がって言うエゴでの直しではないので、ならば、それを受け入れて昇華すればいいじゃないかって思える程度には大人になりました。

正直、一人でやった方が気楽にできるって言うのはメリットですが、二人で気楽にやれる環境さえ完成すれば、大したメリットでもありません、ようするに投げ出さなければよいだけの事です。
しょっちゅうモメますけれども・・。
けれども、結果的に良いものができているので、達成感があります。

と、やっとここまで書けるような環境になったので、マルシンについて語れるようになりました。
ゴッドファーザーではないけれども、些細な一言が原因で大惨事に発展する事があるので、言葉を伏せていました。
身近な人とモメるとSLそのものがつまらなく感じますから、できることならば面倒は避けて通りたいと思っていたのも起因します。

擬宝珠橋之一騎打図

Benkei VS Ushiwakamaru

 

最後に少しだけ、行程と近況を。
7df9eae8293910f38aee65226eaa90f1.pngfc7432ed380fad8da54f42d532ea5d33.pngfc612a5d23b028f7b74a7eb39336435a.png

画像のように鳥居は数種類完成していて、現在は最終確認の段階です。
なお、すべてにマテリアルを投入しています。
作業量と制作コストがとても高い力作です。

そんな感じです、よろしくどうぞ!

仮空町
→ http://maps.secondlife.com/secondlife/Fyre%20Maven/42/16/42

マルシン
→ http://maps.secondlife.com/secondlife/Fyre%20Maven/89/36/2511

 

広告

マルシンとはなんなのか」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中