少年玩具其拾

過去記事を参照していくと2016年10月に少年玩具九とありましたので、拾で良いのかなーと不安になるけどいいや。

なんか変な細かいとことかデザインとかが気になっちゃって、でも確実に少しずつできてはいますけど、もうじき一年です。
こんなにチンタラと何かをすることは初めてなのでどうしていいかわからないのですが、とりあえず過去の画像を振り返って、そして自分が何をしてたのか、また、何がしたかったのかを確認してみたいと思います。

4f41f105223bc1826950c9232e621538

あれから一年ですから、もっとやりやすい方法とかも見つけて精進していますが、この当時のやり方ではチマチマと面を張っていました。
私は下絵などはまったく使わずに、こうやって形を作っていく事が多いです。
パズルのような、粘土のような、そんな感じで。
下絵を使わないだけであって、イメージに近い物の資料はかなり見ています。
とは言え、こういうのは精巧な模倣品より妙なオリジナリティに価値を感じてしまうので、資料なんて見てるようで見てないのかも。

7f466dd77b7047d8c6ddbe0c82fea950

だんだん形になっていく、これはなんか3Dプリンタで3Dのフィギュアが出来上がっていくかのように、チマチマとパーツが増えていく感じです。
先ほどのGIFと同じように、チマチマと、でも少しずつ形に。

afc3bb93ea5e79856e039f59eb58a16c

からのデッパ。
このあたりで満足してしまったのを覚えています。
多分、当時の私はこの部分をとにかく作りたかったんだと思います。
そういうのが本当に多いので、投げた物も多いです。
投げるつもりはなく一生懸命作ってたんだけど、まる被りすることが判明して諦めたやつもあります(寿司とか)が、でもあれはツイッター上で遊んでて『これ握って』『あいよ~』のノリで満足したので、満足ですけれども、でも一生懸命やったのでそのうち出すかも。

402a1a236432e3db3182365efafe86ea

さて、ようやく車っぽくなりました。
たしか工程は、ブリスター回りを反転させて、後輪のブリスターとケツを整えてそれらの頂点に合うように面を張ってってドア部分にし「まぁこんなもんだろ」とかブツブツ言いながら屋根の位置を決めてなんだかんだでこうなったと思います。
で、ここで作業が止まりました。
SLが少し忙しくなったのと、あとはもうこの段階で満足度がMAXだったんだと思います。
頭の中ではもう、これに乗ってリンデン公道を走ってる絵が見えたので。

そして2017年、地味にやり直してます。
やっぱりね、長い時間を空けると力量とか変わっちゃうからこういうのはイッキにやらないとダメだな・・・。

c0b8eb009fd1c4357073b23cf8b8cb38.png

からの、また改造して、今ココです↓

1c6625114814199eccbf114066415e56.png

35cd5d294a7fba69ceab89cd964bf119.png

この後は、ブリスターがなんかいつのまにか厚みが消えて尖っちゃってるので、このトンガリをなんとかして、多分そこで満足すると思うのだけど、待ってる人も居るようなので、ゴールまで走れればいいなぁと。
ただ、ほら、内装もタイヤもできてないでしょう・・。

そうこうしてるうちにキンヘスの準備をしなくてはならなくなって、で、ちょっと興味本位と力試しとして海外のイベントでやりたい事もあって、で、なんだかんだで来年の今頃また『いや~去年の自分はダメだなHAHAHA』とか言ってそうな気がしないでもない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中