202002

2月です。 月日は韋駄天が如く速足で過ぎ去り、さりとて、待つ刻は1秒すらも長きかな。 別に何も待っちゃいないが・・。 天災、人災、疫病、事故。 不安なんて数えたらキリがない程に日々色々あるし、時間は有限だけれども、自分な … 続きを読む : 202002