Real

私は文章を書く事が好きである。
そして、自分の書いた文章を読む事も好きである。
しかし、一度読み直したら二度と読まない。
なぜなら、私の書く文章は無駄に長いためである。

私の名前は、花見野戯吉 と書いて、はなみのざれよし と読むが、これは適当だ。
本当は戯気-ざれげ-と云う。

さて、
「戯気と言う名前にどういう意味があるの?」
と、聞かれる事が多いのでここに書すよぅ・・。

戯 とは たわむれる や ふざける と、あんまり良い意味では使われない。
多くの人は、誠実で真面目を好むから、あるいは、そういったフリをするから。
けれども、私は根本的に遊びが無いと生きていけない愚者なので、むしろ不真面目なフリをしたいのだ。
元々が怠惰で傲慢な怠け者で、そのクセに、小心者で臆病でもある。
そして、それは真面目だと言う事にもなる。
こういう矛盾を多く抱えるのが人間であると言えば、そうだな。

虚ろな心を戈で隠している。
虚+戈=戯
そんな感じ=気
これで戯気。
たわけとも読むし、ふざけとも読む。
どうでも良い。

The-Reggaeと英語で書く、これは ザ-レゲエ と読む。
私はレゲエが好きなのだ。
だがしかし、レゲエだけを聞くかと言うとそうでもない。
クラシックも聞くし、ポップスも聞く。
歌謡曲も聞けば、演歌も聞く。
どっかの民族っぽいのも聞けば、テクノやトランスも聞く。
ロカビリーも好物だし、ハードロックだって好きだ。
メタルはちょっとついていけないけど、パンクも聞く。
正直に言って、ジャンルなんかはどうでも良い。
そんな適当な感じが、レゲエなのだ。
レゲエと一口に言っても、ファウンデーションだったり、ラバーズロックだったり、ダンスホールだったり、ダヴだったり、数えきれない程に細かなジャンルがある。
カリプソやスカなども、そこに含まれたり含まれなかったりする。
そして、レゲエはカバーが多いし、小ネタとしても全くの異ジャンルの歌を引っ張り出してきたりもする。
ともすれば、色々知っていた方がその分楽しめるって事だ。
ただそれだけの事だ。

それはどうでも良いとして、戯気とは私の通名であるが、勿論本名は別にある。
そしてこの戯気とは私の戒名である。
本式では、長平和紫煙庵戯気羅闍と云う。

家紋も自分で適当に作った。

shienanmon.png

これは、長平和=ロングピース(私の好きな銘柄)の紫煙(タバコの煙)の立ち昇る庵(小屋)の、戯気(私の人格)と云う名前の羅闍(大王)という意味である。
仏教を少しかじった事のある人からは、ふざけんな!とお怒りになられるような戒名だ。
ふざけんな!と言われても、戯気なのでふざけなくてはいけないのだから仕方あるまい。

本来、戒名というのは先祖の位を超えてはならないと言うが、先祖が居士だったら、それ以上もそれ以下もない。
居士の子は居士なのだ。
私は、それが気に入らない。
その点、私が羅闍であれば、私の子孫は好き勝手に出来るだろう。

だがしかし、羅闍と言う位は1人しか居ない。
それは閻魔大王だ。
氏はヤマ・ラージャと言う名前で、閻魔羅闍と書く。
私はそれを頂戴した。

戒名がどうしたとかバチ当たりとか言うヤツも居るが、そういうヤツは仏教の何を学んだのか知らんが、阿呆だと言い切る。
見ても無いのに見てきたかのように語るのは、それは悟りではなく詐欺だぞう。

広告